赤ちゃんのスケジュール

MENU

意外に忙しい

赤ちゃんを生むと、
病室にも家にも、たくさんの人がお祝いに駆けつけてくれます。
私が出産して感じたのは、

 

「意外と接待に忙しい」
ということです。

 

産婦さんは、
病院に居る間は部屋でゆっくりしているように思えるかもしれませんが、
様々な検査や指導や授乳の時間があり、
けっこうタイトスケジュールで過ごしています。

 

赤ちゃんはお腹がすくと待ったなしなので、
夜中にも授乳しています。
当然寝不足となり
昼間でも暇さえあれば昼寝がしたいと思っています。

 

そこにまた
入れ代わり立ち代わり訪問客が来ると、より忙しさが増します。

なかなかとれない睡眠

退院して実家に帰ってきた場合でも、同じようなことが言えます。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは昼夜が逆転していることが多く、
昼間寝て夜起き出す子も居ます。

 

起きてじっとしていればいいのですが、たいてい泣きます。
お腹が空いたとかおむつが濡れているといった理由以外で
泣いている場合はもう抱くしかありません。

 

赤ちゃんと言っても3キロくらいあります。
ずっと抱いていると腕がしびれてきます。
そうやって、

 

まだかー、まだ寝ないのかー、

 

と思いながらしびれた腕で赤ちゃんを抱いて
お母さんたちは夜をやり過ごします。

 

昼、家に来て下さる訪問客の方々は、

 

「おや、寝てるんだねー。可愛い。見飽きないねぇ。」

 

なんて言いながら小一時間くらい話して行かれます。

 

すると、帰る頃には赤ちゃんは起き出したり授乳の時間になったりします。
睡眠のチャンスが1回飛びました。
私は、夜に備えて少しでも昼寝をしておきたかったので、
昼間に赤ちゃんが寝ると一緒になって横で寝るようにしていました。

 

実家に居ると、「あなたは寝ておきなさい」
と言ってくれて黙っていてもご飯は出てくるしお風呂も洗濯も
母にやってもらえたのでとても楽ちんでしたが、
それでも
思ったよりも昼寝できないものだなぁというのが私の感想でした。

訪問時の心得

だから私は、出産した友達の家に赤ちゃんを見せてもらいに行くときは、
1時間以内でおいとまするように心がけるようになりました。

 

少し遠くに住んでいて、なかなか会えない友達で1時間です。
ご近所に住んでいる人なら、
お祝いを渡して赤ちゃんを抱かせてもらって15分で出ます。

 

人生の一大イベントに対してのお祝いにしては少々冷たいかな、
積もる話もあるし、お産話も聞きたい、少しそっけなかったかもしれないなと
思うこともありましたが、お祝いの訪問客は私だけではないはずです。

 

お母さんの体調が第一なので、
私は自分の気持ちを奥に押し込めて短時間で去るようにしています。

関連ページ

陣痛前に破水した!
破水は痛くもなんにも感じないけど、赤ちゃんにとって大変な事が起こっているんです。感染症を防ぐためにもすぐに病院へ行ってくださいね。
陣痛を我慢する
「浣腸すると陣痛が来やすくなるよ」と助産師さんに言われ、生まれて初めて浣腸を受けました。腸のぜん動運動が子宮を刺激して陣痛が起こりやすくなるという理由でした。
いよいよ赤ちゃんと対面
助産師さんは赤ちゃんの血を軽くふき取ると、寝ている私の胸の上に赤ちゃんを持ってきて、私に見せて下さいました。
吸てつ反射
赤ちゃんの口に乳首を持っていくと、誰にも教えられていないのに、口を開けて乳首を含むとちゅうちゅうと吸い始めました。
出産直後の風邪薬
服薬しているお母さんのお乳を赤ちゃんが飲んだら、薬の影響を受けてしまいます。だから、妊娠中や授乳中は服薬に特に気を使います。私も敏感になっていました。
子宮をさわってみた
妊娠していない時は、子宮がお腹の中のどこにあるのか外から触っても分かりませんが、この出産直後はお腹を外から触ってみると、中に子宮があるのが分かるそうです。
初めての授乳
初めて赤ちゃんと二人きりで過ごす空間。とても嬉しくて、わくわくして、ビデオを撮ったりずーっと顔を眺めたりして過ごしました。
母乳が出た!
初めて出産した日の夜お乳のでる前兆がありました。 胸がパンパンに固く張ったことがそのサインだったのですね。
赤ちゃんが泣いたらずっと抱く
赤ちゃんの仕事は泣くこと。と分かっていてもついイライラ。でも自分がイライラすると赤ちゃんにもそれが伝わるんですね。
里帰り出産を選ぶ
妊娠が分かって里帰り出産を決めたのですが病院の方針などをよく理解することも必要です。