幼稚園選び

MENU

地域に共通の幼稚園がない

長男が3歳になったとき、幼稚園選びで、幼稚園見学しまくったら
どこの幼稚園に入れたらいいのか
かえって迷ってしまった話を書きたいと思います。

 

私自身、幼稚園に通ったのは年中・年長の2年間でした。
30年前は、2年保育は珍しくなかったと思います。
1年保育のお子さんだってたくさんいらっしゃったのではないでしょうか。

 

それが、現在ではほとんどが3年保育、2年保育は珍しい方で、
1年保育の子なんて居ないと聞いた私は
息子を私と同じように2年保育にしようと思っていた考えを
改めた方がいいんじゃないかと思い始めました。

 

すでに入園願書の受付が開始されていましたので
3年保育にするなら、入園手続を済ませなければいけません。
大変だったのは、幼稚園選びでした。

 

うちの近所には、6キロ四方幼稚園がありません。
唯一3キロの所に公立の幼稚園がありましたが
なぜか2年保育の幼稚園で、3歳児は入園できませんでした。
3年保育で通わせたいお母さんは、私立幼稚園に入れるしかありませんでした。
「ここら辺に住む人は、幼稚園と言えばみんなここ!」と言ったような
共通の幼稚園がなく、みんな6キロ以上離れたまちまちの園に通わせていました。

条件よりも雰囲気を重視した

私の幼稚園選びが始まりました。
まず、市役所に行って市内の幼稚園一覧の冊子が発行されているので
それをもらってきました。

 

1歳の下の子が居たので送り迎えを楽したくて
バスで迎えに来てくれる幼稚園がいいと思
「バスあり」と書いてある幼稚園に片っ端から電話しました。

 

住所を言い、「ここまでバス来てくれますか?」とききました。
来ると答えた幼稚園には見学の予約を入れて
毎日長男と次男を連れてどこかしらの幼稚園に見学に行きました。

 

ただ、母子べったりで3年間過ごしてきた私たち。
長男は「幼稚園見に行ってみよう」と言うと危機を察したようでものすごく嫌がりました。
見学に行っても私にしがみついて離れようとしませんでした。

 

私は自分のフィーリング重視なので
冊子やホームページの条件だけを見て決めるのではなくて
実際いろんな幼稚園に行ってそこの雰囲気や先生たちの人柄を
会って確かめてから比べたいと考えていました。
幼稚園に通わせているママ友たちからも情報収集はしましたが
あくまで参考程度です。

 

何より、息子も現地に行かせて
「うん、ここなら良い」と言わせたかったのです。
でも、何軒回っても息子が心を許す幼稚園はありませんでした。

見すぎてわからなくなった

息子がどう言おうと私が決めて入園させてしまえばいい話なのです。
3年間ろくにお母さんと離れて過ごしたことのない子が
いきなり幼稚園に入れられると分かって「行きたくない」と言うのは当然ですし
それを無視して入園させたって入園してしまえば
1か月もすれば振り返りもしないでバスに乗るようになってしまいます。

 

でも、私は園を決めることが出来ませんでした。

 

7軒回ったところで、私の方がどの幼稚園に入れたらいいのか
もはや分からなくなってしまっていたからです。

 

見すぎました。

 

見すぎて、どの幼稚園も一長一短なように思え
この中のどれかに入れたら「やっぱりあっちの方が良かった」と
後悔してしまうんじゃないか、と思い始めていました。

 

もう
「この子が気に入る幼稚園が無いんだから、今年は見送って2年保育でもいいや」と
思うようになりました。

 

来年になり4歳になればこの子も少しは幼稚園に興味が湧くかもしれない。
この幼稚園めぐりも、来年入園を決めるときに役に立つから
無駄ではなかったでしょう、と自分を納得させました。

 

そして、すでに予約をしていた8軒目に、「ここで最後だ」と思いながら向かいました。

 

しかしなんと、息子はその幼稚園を一目で気に入り
「この幼稚園だったら、来たい!」と言ったのです。

 

つるの一声でした。私はそこに入園を決めました。
もちろん、私もその幼稚園の

 

こぢんまりした雰囲気や先生の優しい態度
「悪くない」と思ったからこそです。

 

息子はそれからそこに3年間通い
楽しく充実した幼稚園生活を送ることができたのでした。

関連ページ

子どもにイライラしたら
言う事を聞かない時や暴れたりする時は大声を出して怒る私。いつからこんなになったのだろう?夢中で子育てしているとふとこんな思いにかられます。
育児おたすけグッズ
赤ん坊が生まれた時からすぐに必要になるグッズってたくさんありますよね。いいなと思ったもの書いてます。
魔の二歳児 実は真の成長児!
自分でなんでもやろうとするのがこの時期なんですね。子どもの成長のためだからと見てあげることが大事なんですがつい口を出してしまうんです。
勉強スイッチ入れた彼の正体
子どもに勉強、勉強と頭ごなしに言っても反抗するだけ、何をしたらいいのか途方にくれました。
出産後の育児を比較された話
出産直後の育児は全てが初体験。ゆっくり見守ってくれないかなあ。
卒乳とは
赤ちゃんの栄養素をすべて補ってきたお乳ですが、ある時から断つことも必要になってきます。神秘的ともいえる人間の営みが味わえる瞬間かも知れません。
離乳食と卵アレルギー
わが子の目覚ましい成長を見ると早く次のステップにいかせたいと思うのが親心。ですがちょっと待って。赤ちゃんにも体の準備があるのです。
離乳食簡単レシピ
離乳食は手間暇かけて作るもの。でもちょっとした事で大人のメニューと一緒に作れたりもしますよ。ここでは私の簡単レシピをご紹介しますね。
ほめればいいとは限らない
子供をほめるときあなたはどこをほめて上げますか?いろんな事にチャレンジする心を育てるにはポイントがありました。
おねだりと約束
欲しいものを見るとおねだりしたくなる子供もちょっとした事で聞き分けられるように。
兄弟の年の差は理想的?
我が家は2歳差の3人兄弟です。次男が生まれて育児が一気に楽になったような気もします。年が近い分仲も良いようです。
子どもの食べ物好き嫌い克服は親しだい
食べ物に関しては兄弟といえども好みが違います。 好き嫌いがはっきりしている子どもには親のひと手間が必要なのかな?
テレビとゲームを子どもと楽しむ
テレビやゲームは正直あまり見たりやって欲しくはないのですが、親も遊んできた分ダメとも言えませんよね(笑)
子どものおやつをおにぎりにしてみた。
うちの子はとにかく食べる事が好きです。ただおやつをたくさん食べても栄養面が気になりました。そこで 考えたのは、おにぎり君でした(笑)
子どもを自転車に慣らせるちょっとしたコツ
自転車に補助輪なしで乗れた時は親も子も感動の瞬間ですね。