子どもイライラ解消法

MENU

子どもに怒る自分に自己嫌悪

子どもにイライラして怒っては自己嫌悪に陥るという
ストレスのスパイラルにはまっています。
でも冷静になった時に考えたら方向転換してくれるのもまた子どもなんですよね。
うーん、でも怒りをコントロールするのってむずかしいなあ・・・

 

私は子を生んでからというもの
長い間自己嫌悪に悩まされていました。

 

私は、本当にすぐイライラします。
一日最低一回は子どもを怒っています。
これは最低回数なので、平均すると・・・

 

でも、以前はこんなに怒りっぽくありませんでした。
友達からも「あんたの怒った所って見たことないよね」
とよく言われ、自分でも気が長いことを自覚していました。

子どもに感化されてわがまま短気になる??

でもそれが、今では子どもと居ると
なぜかいろんなことにすぐ腹が立ってしまい
そんな自分に悲しくなりました。

 

「私って、こんなに短気な人間だったの?」
と、育児を通して今まで気づかなかった
自分の本性を見せられたと思い、落ち込んでいました。

 

でも、ある本を読んだとき、そこにこう書いてありました。
「育児をしていると、性格が子どものようになる」と。

 

人間は毎日接している人と性格が似てくるらしく
子どもと接する時間が長いお母さんは子どもに感化されて
わがままになったり短気になったり
まるで子どものような性格になる
と書いてあったのです。

 

私は、これか!!と思いました。
性格が変わったと思っていたのは
子どもによる影響だったんだ、と。

 

その説には妙に納得できるところがありました。
なぜなら、あんなに穏やかな人だと思っていた夫
最近すごく短気になったと感じていたからです。

 

短気な私と一緒に居るからだ!

ママのことが好きだから子供は許してくれるのかな

短気になってしまったのは
この説によると子どもたちのせいかもしれませんが
でもこんな短気な私が
今日まで楽しく生きて来られたのも
ひとえに子どもたちのおかげです。

 

子どもは寛容です。
絶対にお母さんを許してくれます。

 

私が頭に血が上ってすごくひどいことを言ってしまったとしても
たとえば
「もううちの子じゃない!お前なんか知らない、出ていけ!!」
と言ってしまったとしても

 

「ひどいことを言ってしまった」
と思った瞬間に謝れば必ず許してくれます。

 

私はそれで、何度救われたことでしょう。
イライラしてしまっても
「イライラしてごめんね」と子どもに言えれば
いいのではないでしょうか。

 

絶対に返事は「いいよ」だと思います。

 

性格は、自分の望まない方に変わってしまいましたが
子育ての神様は
ちゃんとそれに対する
解決法も用意してくれていたようでした。

関連ページ

育児おたすけグッズ
赤ん坊が生まれた時からすぐに必要になるグッズってたくさんありますよね。いいなと思ったもの書いてます。
魔の二歳児 実は真の成長児!
自分でなんでもやろうとするのがこの時期なんですね。子どもの成長のためだからと見てあげることが大事なんですがつい口を出してしまうんです。
勉強スイッチ入れた彼の正体
子どもに勉強、勉強と頭ごなしに言っても反抗するだけ、何をしたらいいのか途方にくれました。
出産後の育児を比較された話
出産直後の育児は全てが初体験。ゆっくり見守ってくれないかなあ。
卒乳とは
赤ちゃんの栄養素をすべて補ってきたお乳ですが、ある時から断つことも必要になってきます。神秘的ともいえる人間の営みが味わえる瞬間かも知れません。
離乳食と卵アレルギー
わが子の目覚ましい成長を見ると早く次のステップにいかせたいと思うのが親心。ですがちょっと待って。赤ちゃんにも体の準備があるのです。
離乳食簡単レシピ
離乳食は手間暇かけて作るもの。でもちょっとした事で大人のメニューと一緒に作れたりもしますよ。ここでは私の簡単レシピをご紹介しますね。
ほめればいいとは限らない
子供をほめるときあなたはどこをほめて上げますか?いろんな事にチャレンジする心を育てるにはポイントがありました。
おねだりと約束
欲しいものを見るとおねだりしたくなる子供もちょっとした事で聞き分けられるように。
幼稚園見学しまくったら
幼稚園選びは親だけでなく子供が気に入ったところに決めました。
兄弟の年の差は理想的?
我が家は2歳差の3人兄弟です。次男が生まれて育児が一気に楽になったような気もします。年が近い分仲も良いようです。
子どもの食べ物好き嫌い克服は親しだい
食べ物に関しては兄弟といえども好みが違います。 好き嫌いがはっきりしている子どもには親のひと手間が必要なのかな?
テレビとゲームを子どもと楽しむ
テレビやゲームは正直あまり見たりやって欲しくはないのですが、親も遊んできた分ダメとも言えませんよね(笑)
子どものおやつをおにぎりにしてみた。
うちの子はとにかく食べる事が好きです。ただおやつをたくさん食べても栄養面が気になりました。そこで 考えたのは、おにぎり君でした(笑)
子どもを自転車に慣らせるちょっとしたコツ
自転車に補助輪なしで乗れた時は親も子も感動の瞬間ですね。