ディズニーランドの授乳室

MENU

授乳室が少なかったディズニーランド

ディズニーランドはさすがに広いですね。
赤ちゃん連れには授乳室が少ないのがちょっと残念。
でもキャストの質が高い事や家族連れでも不利にならないような
工夫をしているのは安心材料かな。

 

母の還暦祝いでみんなでディズニーランドに行ったときのことです。
私はまだ赤ちゃんに授乳をしていたのですが
ディズニーランドは恐ろしく広い割に授乳室が入り口付近にしかなく不便でした。

 

夢の国でいきなり前をはだけて授乳を開始するわけにもいかず
かと言ってパークの奥の方から何十分もかけて
また入り口付近の授乳室に行く気にはなれずトイレの個室で授乳した思い出があります。

 

とは言え、ディズニーランドは赤ちゃんに優しいテーマパークだと思います。

 

普通に1歳未満の赤ちゃんを連れてきている親子連れを何組も見ますが
平気で連れてこられるのもキャストの人たちの心遣いや
ベビーカーを押していても遊べる工夫がされているからだと思います。

 

義姉なんて、パーク内でベビーカーの車輪が外れるというハプニングに見舞われ
近くに居たキャストの人に壊れたベビーカーを渡して「これ捨てといて下さい」と言う
無茶振りをしていましたが、受け入れられていました(笑)

ディズニーのアトラクションは赤ちゃんがいても楽しめる

ディズニーのアトラクションは、赤ちゃんが乗れないものもたくさんあります。
お父さん、お母さん、赤ちゃんで行ったときは、どうすればいいでしょうか。

 

2時間待ちのアトラクションに乗りたいとして
お父さんが2時間待って乗る、その間お母さんは赤ちゃんを抱いて待っておく
次に終わったお父さんが赤ちゃんを受け取って
お母さんがまた2時間並びに行く
なんてやっているとそれだけで4時間が経ってしまいます(泣)

 

そんなときディズニーランドでは
キャストさんに言ってお父さんとお母さんと赤ちゃんで並んで待っていたら
並び直さなくても乗らせてもらえるシステムを採っています。 

 

どういう事かと言うと
自分たちの番が来た時に、お父さんが先に乗り込みます。
お母さんは、その場で赤ちゃんを抱いて待っています。
お父さんが帰ってきたら赤ちゃんを渡して
すぐ次の便にお母さんが乗り込むことができるのです。

 

まあお父さんとお母さんが一緒に乗ることはできませんが
赤ちゃんを連れていてもこんな楽しみ方もできるのですね。

パレードとディズニーキャラクターで楽しみ方も広がった

まあ、無理にアトラクションに乗らなくても
パークの雰囲気やパレードを楽しむだけでも十分に堪能できると思います。
私の母はどちらかと言うとそっち派です。

 

「カリブの海賊」の列に並んでいた時に前に並んでいた女の子が
「ええっ、○○ちゃんカリブの海賊乗った事ないの?」と
連れの子に話しているのが聞こえました。

 

「じゃあいつもディズニーランド来て何やってるの?ああ、パレード派なんだね!」
と言っていました。

 

私はその時初めて
ディズニーランドの楽しみ方にもいろいろあることを知りました。
そう言うならば母はパレード派だな、と。

 

あと、ディズニーランドと言えばキャラクターに会えるのも魅力の一つです。
キャラクターがテーブルに来てくれるレストランもいくつかあります。
私も予約して入ったことがあります。
うちの子は、ミッキーに肩にぽんと手を置かれて金切声で泣いていました(笑)