PTA活動の鉄板免除理由

MENU

先生と仲良くなれるPTA

仕事も忙しいのに正直PTAなんてやってられない。
そんなお母さんが大半だと思います。
でも、意外にメリットあったりするのもPTAなのです。
毛嫌いする前に考えてみてもいいかな?
そんなこと書いてます。

 

私は、PTA活動は素晴らしいと思います。
興味があるなら、遠慮してないでやった方が絶対良いと思います。
とても良い経験ができます。
私は幼稚園でもPTA本部をやりましたし、小学校でも今やっています。

 

私が気に入っているのは、幼稚園・学校共通して言えることなのですが
幼稚園もしくは学校のことが良く分かることです。
PTA活動を通して深く学校と関わることで
今まで知らなかったことや見えてなかったことが見えてくるようになり
世界が急に広がります。
学校に頻繁に出入りするようになるので先生とも仲良くなれます。

ベテランは楽しんでいる

ただ、PTA活動は本当に時間が取られますので
それは覚悟しないといけません。
でもそれを差し引いても余りある収穫がありますので
みなさん楽しんでやられているのだと思います。

 

好きな人は本当に好きで
「私5年目です」という方がいらっしゃいました。
小学校生活の大半じゃないですか!と驚いていたら
上には上がいらっしゃいました。

 

「私子どもが保育園の頃からやっていて
上の子のも合わせますと今年で通算14年目です。」という方が!
じゅ、14年て・・・ほとんどライフワークじゃないですか、と。
もう大が3つくらい付いちゃうほどの大ベテランさんです。
学校は彼女を校長先生にした方がいいかもしれません。

幼稚園や学校の情報交換ができる

幼稚園も学校も、親はけっこう受け身だったりします。
出されるおたよりを見て、ああそうなんだ、と思うくらいです。
おたよりを見るならまだマシで、見てない人も中には居ます。
それでいて「幼稚園や学校のこと、よく分かんないわー」
と嘆いています。

 

私は、理解したいと思うものがあったら
そのふところに飛び込むようにしています。
PTAというものに所属し、学校の内部に入り込んでみたら
すごく学校のことが良く分かります。

 

ほかのPTA役員さんの中には
先述のようなベテランさんが居る可能性も高いので
情報交換できてなお一層理解が深まります。

 

幼稚園や学校は
子どもが居る限り絶対に関わらなければいけないコミュニティなので
よく知っているに越したことはないと思います。
知らないのと比べると、知っている方が絶対に楽しめるからです。

鉄板免除の理由はこれ

PTA役員選出のとき
みんなやりたくないのでたいてい出来ない理由を述べて逃げます。
少子化でクラスの人数が減っているので
役員が回ってくる確率は非常に高くなっていると言えます。
そんなとき、たとえば「私、働いていますので・・・」と言います。

 

でも、最近クラスのお母さんの8割はワーキングマザーなので
近年この「働いています」は免除理由にならなくなってきています。
みんな働いていること前提からのスタートなのです。

 

最近よく聞くようになった理由は、「介護」です。
親の介護がありますので・・・です。
あと根強い鉄板免除理由は
「下の子が居る」です。
確かに介護は大変ですし
小さい子どもを連れまわしながらのPTA活動も大変です。

 

そういった理由が特になく
やってもいいけど、面倒くさそうだし興味もないからやらないという方
には、このPTAはぜひおすすめしたい案件です。